うっかり美容師



トルコ建国の父の銅像を設置 和歌山・串本(産経新聞)

 トルコ建国の父、ムスタファ・ケマル・アタチュルク初代大統領の銅像が20日、トルコ軍艦「エルトゥールル号」が遭難した際の救助活動が縁で友好関係にある和歌山県串本町の樫野埼灯台前の広場に設置された。灯台近くの海域で遭難してから今年120年を迎え、日ト友好記念事業として6月3日に開催するエ号殉難将士追悼式典で除幕式が行われる。

 銅像は高さ4.2メートル、重さ約4トン。馬上のアタチュルクが右手で前を指さす。平成8年、新潟県柏崎市のテーマパーク「柏崎トルコ文化村」の開園を祝いトルコ政府から寄贈されたが経営破綻(はたん)で閉園となり、新潟県中越沖地震の際に倒壊の恐れがあるとして台座から外され倉庫に保管されていた。

 「親日国であるトルコの建国の父に非礼」として日本財団が所有企業と交渉し昨年12月、串本町への移設が決まった。銅像は今年3月に柏崎市から東京・台場の「船の科学館」に運ばれ、さびを落とし従来の色に戻す修復作業が行われ一般公開されていた。

 銅像は17日夜に船の科学館を出発し20日午前4時ごろ串本町に到着。設置作業は8時半ごろ始まり、クレーンなどを使って像が遭難海域に向いて立つよう台座に据え付けられた。

 遭難事故は明治23年、同町の紀伊大島沖で起き、救助された乗組員らを島民が献身的に世話した。

【関連記事】
エルトゥールル号遭難120年 トルコに友好の日本庭園
「アンテナショップ」 10分で味わえる全国旅行
棚田百選の「あらぎ島」 田植え準備整う 和歌山県有田川町
幻の「紀州東照宮・御船歌」復活 江戸初期とどめる30年前の音源
海中も天候不順、和歌山・串本沖 雨の影響も
中国が優等生路線に?

IT会社を家宅捜索=ネット仮想空間の投資勧誘―特定商取引法違反・埼玉県警(時事通信)
仕分け第2弾、競輪の補助事業など「不透明だ」(読売新聞)
不思議な鏡、清水久和展がIDEE3店舗で同時開催中(Business Media 誠)
社民は連立維持を=「辺野古移設は実現できない」―国民新代表(時事通信)
皇太子さま、シンポご出席(産経新聞)
[PR]
by isnno37fes | 2010-05-27 20:46
<< 【50億キロの旅路 「はやぶさ... 「お経を上げるため」奈良・東大... >>


美容師です、よろしくおねがいしまーす。
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧